fc2ブログ

減価償却費の計上額 (法人と個人の相違)

 2024-02-22
JR中央線・総武線快速の三鷹駅にある
平林会計事務所の税理士、平林達夫です。

今年も確定申告の時期がやってまいりました。

最近はどうしてもインボイス制度の話を
メインにさせていただいていましたが、
そればかりが税金というわけではありません。

今回は、確定申告に向けて会計処理を
行う際にも参考になるであろう項目として、
減価償却について、その法的な根拠や、
期中に売却等を行った際の処理について、
簡単にご説明させていただきます。

今回も、レポート形式で公開をしますので、
その全文はこちらのブログではなくて、
以下の別ブログの方に掲載しております。

下の画像、又は画像下のリンクをクリックして
内容をご確認していただければと思います。


三鷹の税理士 平林 達夫 の日記

カテゴリ :税金・税法 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

「オーラリメイカー [完全版] 」

 2024-02-18
JR中央線・総武線快速の三鷹駅にある
平林会計事務所の税理士、平林達夫です。

2019年の第7回ハヤカワSFコンテストで
優秀賞を受賞し、著者のデビュー作となった
同名の中編を収録する、春暮康一の
『オーラリメイカー [完全版]』を読了。

遠未来、天の川銀河の知的生命体は《連合(アライアンス)》を結び、人工知能文明《知能流(ストリーム)》に対抗しつつ辺境の恒星系を調査していた。その星系の惑星軌道は人為的に変更されていたが文明の痕跡は発見できていない。調査員イーサーは謎の種族の正体を追う――知性の本質を問う宇宙ハードSF、ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞の表再作と単行本版収録の「虹色の蛇」を大幅改稿し、新作「滅亡に至る病」を追加した完全版。


この「別館」でも以前に紹介した彼の第2作品
『法治の獸』と同様に、本作も異星の知性体との
接触を題材にした《系外進出(インフレーション)》
シリーズに属するものとなっています。

これはつまり、春暮康一という作家の興味が
現時点ではそこに向いているということなのでしょう。

ここまでシリーズは合計6作品を読んできていて、
その限りでは、それぞれに斬新な趣向を凝らし、
刺激的な読書体験を与えてくれています。

受賞作である「オーラリメイカー」は構造を
複雑にし過ぎていて個人的にはピンと
来ないところがありましたが、「虹色の蛇」と
「滅亡に至る病」は大いに面白く読みました。



カテゴリ :読書 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

明後日より受付開始

 2024-02-14
JR中央線・総武線快速の三鷹駅にある
平林会計事務所の税理士、平林達夫です。

来たる明後日に所得税・個人消費税の
令和5年分確定申告の受付が始まります。

国税庁のホームページでは例年通り
確定申告特集ページが開設されていますし、
ネットで公開されている作成コーナーでは
スマホでの作成や申告も可能です。



今回の確定申告は昨年10月に始まった
インボイス制度の影響で初めて消費税の
申告をするという方も大勢いらっしゃるでしょう。

2割特例を使われるのであれば計算自体は
ほとんど難しくは無いのですけれども、
そうは言っても初めての消費税申告であれば
分からないことも多々あることと思います。

誤りのない的確な消費税申告書を
提出期限までに遅滞なく提出する為には、
その疑問点などは早々に解決すべきです。

では、どうすれば解決できるのかといえば、
これはもう、専門家に聞くということに限ります。

ただし、税務署や無料相談会はもちろん、
有料である税理士への依頼についても、
これから申告期限に向けてその忙しさは
どんどん増していくばかりですから、
日数が経てば経つほど、納税者からの
質問に答える余裕は無くなってきます。

例えば当事務所などは現時点で既に
かなり手一杯な状態になっていたりしますので、
確定申告が必要な皆様は少しでも早めの
行動をされることを、強くお勧めいたします。

カテゴリ :確定申告 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

UCI シクロクロス世界選手権 2024

 2024-02-10
JR中央線・総武線快速の三鷹駅にある
平林会計事務所の税理士、平林達夫です。

何年ぶりになるか、かなり久し振りに
J-Sports が生中継で放送してくれた、
2023-2024年シクロクロスワールドカップ。

その締めくくりはチェコのターボルで
開催されたUCI シクロクロス世界選手権。

今大会最大の興味は、今年のシーズンで
圧倒的な強さを見せていたオランダの
マチュー・ファンデルプールがこの大会も
他を寄せ付けずに圧勝するのかということ。

蓋を開けてみたら、マチューはスタートから
ダッシュを決めて先頭に立つと、そのまま
一度も他者に抜かせないうえに周回ごとに
どんどんタイム差を広げていきました。

結局、そのまま彼はトップでゴールイン。

世界選手権を制するのは6回目であり、
過去最多記録は7回だそうですから
来年なり再来年なり、もう1回勝てば
そこに並べることになりますね。

とはいえ、彼にはロードレーサーとしての
顔もあるので来シーズン以降も今年なみに
シクロクロスを走るかはまだ不明です。

個人的には、マチューにはこのまま、
7回などとケチなことは言わずに、
8回でも9回でも世界選手権を制して、
誰も破れないような新記録を
打ち立ててほしい気がします。

もちろん、それはマチュー自身と、
チームが決めることなわけですけれど。


公式サイトはこちらから

カテゴリ :自転車レース トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

アルウラー・ツアー 2024

 2024-02-06
JR中央線・総武線快速の三鷹駅にある
平林会計事務所の税理士、平林達夫です。

今年も、1月の末から2月頭に5日間で開催される
アルウラー・ツアーがJ-Sportsで放送されました。

レースの開催地であるサウジのアルウラーは
オーストラリア籍のチーム・ジェイコ・アルウラーの
タイトルスポンサーにもなっているので当然ですが、
このチームにとってはスポンサーアピールの為にも、
ここで結果を残さないわけにはいきません。

しかし、ステージを勝つことを期待されて出場した
スプリンターのディラン・フルーネウェーヘンは
胃腸系のトラブルで第3ステージまででリタイア。

これは、今年は残念ながらチームとしては
勝利を得ないままかと思っていたのですが、
さすがに、それは許容ができないということか、
最終日でベテランのサイモン・イェーツが
奮起の走りを見せてステージを制し、
総合優勝も成し遂げることになりました。

また、日本から出走した JCL TEAM UKYOU は、
逃げに乗るなど連日見せ場を作り、さらには、
この大会の4賞の1つ、アクティブライダー賞を
岡篤志が獲得するという成果を手にしました。

これは、素晴らしいことです。


公式サイトはこちらから

カテゴリ :自転車レース トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫